FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非日常のこんな場所もたまには楽しい

四ツ谷駅の先にとても広大な敷地に大きくてシックな西洋建築があって、
そこでは毎年、参観と言って、広大な敷地に建つネオバロック様式の
美しい建物の中に2000名だけ入ることができる日がある。

迎賓館赤坂離宮


真っ白いゲートの脇にその知らせのボードが掛けられた時に
すぐ参観申し込みして良かったと思うほど、当日はたくさんの人。


それで、去年は赤坂御所の周りをウォーキングしていたから、
迎賓館赤坂離宮参観の申し込みをすんなりと済ませることが
できたけど、今年は全然あちらの方に行かないから、
まったく忘れてた。


今年は11月1~3日が前庭参観日、この日は申し込みなしなので、
直接行っても大丈夫。
ボクはウォーキングの途中でそのまま入りました。
みなさん建物を背景に写真をガシャガシャ、そんな感じにのんびりと....


去年は空とうねるような雲のおかげでまるで絵画のような風景

迎賓館赤坂離宮


普段は閉じられているゲートの先の前庭参観でも実際に建物に
近寄ってみるとかなり感激する。

前庭に入ってみるととても広大で、さらに空が大きい!
青山や赤坂のビルが遠くに見えるほど周囲に何もないからなのか、
空ががやたら広くて青い。ほんとうにこういう場所にはパワーが
あるらしい。

なんせ関東大震災でも壊れず、すぐ近くの青山周辺は戦災に
あったのに、ここは戦災すら免れているのだから。


迎賓館赤坂離宮


今ではもう見ることができないような細かい装飾や建物のデザインを
見ると、今から100年以上も前、それも子供の頃が江戸時代だった
人たちが、たったの数十年しか経たずにこんな西洋建築を建てた
なんてほんと信じ難い。


迎賓館赤坂離宮


4羽の鳳凰に守られた、迎賓館の紋章の桐が彫ってあるレリーフ
と金色の星が散りばめられた豪華なオーブは左右のウィングの
屋根に対で置かれている。


赤坂御所迎賓館本館 


皇居にあった明治宮殿は過去の戦災で燃えてしまったけど、
ここ赤坂離宮は空襲にもあわず、そういうことから守られてその後の
改修工事はあったものの、100年以上もこうして維持され続け、
2009年にやっと国宝に指定されたけど、2度と造れるものではない
から、この先もずっとここにあって欲しいと思う。


迎賓館赤坂離宮


特にこういうオブジェには興味深々、
理由はわからないけど鎧兜の武将の上半身が左右のウィングの屋根に
置かれている。気がつかない人もいると思うけど、じっと見てみると
左右の武将の顔の向きが正面まっすぐではなく左右アシンメトリーだ。
南北を指しているわけでもなくてなんだか違う。

参観で離宮の説明のお手伝いをしているたくさんのボランティア
の人に聞いても知らないという。
でもとうとう一人のおじさんボランティアが解決してくれた。
甲冑姿の武将の顔の向きは明治天皇の時代、日露戦争があった。
そんな時代背景のなか、この武将はロシアの方を向いて日本を
守っているのだと説明を受けた。
なるほど、そういうことだったんだとやっと納得、おもしろいな~。


迎賓館赤坂離宮


そしてこのゴージャスな扉の奥に次回の参観で入ることができた。
館内は威厳のある外観とは違ってさらに非日常の世界。


迎賓館赤坂離宮






theme : 日記
genre : 日記

tag : 迎賓館赤坂離宮参観

No title

ここは、うちから微妙な場所にあるので来るまで通る事はあっても歩いたりする事はありませんね。

四谷だと『マイストロ』というイタリアンに以前は通ってました。

マスターが親父の知り合いだったんで。

行く様になってイタリアンのイメージが随分変わりました。

今は近所のイタリアン居酒屋にお世話になってますけどね(笑

クーリエさん Re:

クーリエさん、コメありがとうございます

> ここは、うちから微妙な場所にあるので来るまで通る事
> はあっても歩いたりする事はありませんね。

え、あんな場所、確かに歩かないです。
でも通ることがあるんですか....?
抜け道なんですかね?
よく迎賓館の前で昼寝中のトラックが止まってますよ。笑

> 四谷だと『マイストロ』というイタリアンに以前は
> 通ってました。
> マスターが親父の知り合いだったんで。
> 行く様になってイタリアンのイメージが随分変わりました。
> 今は近所のイタリアン居酒屋にお世話になってますけどね(笑

きっとそれは靖国通り辺りのリストランテ・マエストロ
のことですね?
あの辺りはたくさんお店があって楽しいですよね。
最近もっとお店が増えたみたいですよ。
久しぶりに食べに行ってあげたらどうですか?

No title

こんばんは♪

ここが日本とは思えないような錯覚すら覚えますね。
ヨーロッパの宮殿みたい♪

確かにパワーがありそうです。
景観をさえぎるものもない青空もなんて綺麗なんでしょう!!

いいなぁ!!ここ♪


規模は全く違いますが目黒の
都立庭園美術館には時々行きます。
旧宮邸の格式がありますね。

美術館の隣の植物園とセットで、秋のお散歩
これからの季節にいいかも♪

No title

kenjiさん こんばんは。

広々していて、すがすがしい場所ですね。
日常離れしているし、日本じゃないみたい。
でも甲冑の武士がいるあたりは間違いなく日本。
装飾も繊細ですね。
日本人ってすごいなあ。


そふぃーさん Re:

そふぃーさん、こんちは。

> こんばんは♪
> ここが日本とは思えないような錯覚すら覚えますね。
> ヨーロッパの宮殿みたい♪

そうですよ~、ウィーン宮殿と同じように湾曲した
設計なんです、さらに100年前に耐震構造で建築されて
るんですって...大正天皇と貞明皇后の新居だったのに
嫌で住まなかったそうです。中は素敵なのにな~。

> 確かにパワーがありそうです。
> 景観をさえぎるものもない青空もなんて綺麗なんでしょう!!

あるある、ここはすごいパワーですよ。皇居といっしょ。
空には天使がいましたよ~

> いいなぁ!!ここ♪

行けたら11月1~3日に参観してください。
ゲートすぐ隣の学習院初等科から愛子さまが
ひょっこりと出ていらっしゃるかもしれないです。

> 規模は全く違いますが目黒の
> 都立庭園美術館には時々行きます。
> 旧宮邸の格式がありますね。

庭園美術館はいいな~。きれいですよね。
朝香宮邸は迎賓館よりだいぶ後ですが
ここも運良く戦災にあわなかったので
ほんと良かった!日本のアールデコの建築物は
貴重ですよね。いまそういえば工事中じゃない?

> 美術館の隣の植物園とセットで、秋のお散歩
> これからの季節にいいかも♪

26年まで改修工事やってますよ。
洋風の建物でもお庭の植物は日本風だったりで素敵です。
庭園もいっきに改修してるのでどんなになるんでしょうね。
新しくしてしまったら残念だけど。

ipu-8 陽子さん Re:

陽子さん、こんちは。

> kenjiさん こんばんは。
> 広々していて、すがすがしい場所ですね。
> 日常離れしているし、日本じゃないみたい

それはゲートを入って気がついたんですよ、
それまでとても広くて、ゲートの外からでは
わかりませんでした。国賓を迎えるためにここで
観兵式をやるのでほんと広いです。

> でも甲冑の武士がいるあたりは間違いなく日本。
> 装飾も繊細ですね。
> 日本人ってすごいなあ。

ここの前庭は松の木が並んでますよ。ここを建築した
片山東熊が日本の文化を守りながらこの時代を反映
して意識的に配してるんだそうです。そういう意味
でも昔から日本人の感性や美学ってすごいです。
それにアールヌーボーなんてこのほんの少し前のこと
ですもんね。

No title

再登場です(^_^;)

しばらく行ってなかったら、そんなことになってたのね。
ケンジさん、教えてくれてありがとう!!

それにしても26年まで!?
どんな風に生まれ変わるのか楽しみです(*^_^*)

そふぃーさん Re:

そふぃーさん、おはよう!

> 再登場です(^_^;)

はい、毎度!

> しばらく行ってなかったら、そんなことになってたのね。
> ケンジさん、教えてくれてありがとう!!

確か、改修工事をやるって書いてあったんですよね。
行ってから気がつく人もいるでしょうね。

> それにしても26年まで!?
> どんな風に生まれ変わるのか楽しみです(*^_^*)

かなり長い改修工事ですよね。
たぶん耐震工事とかやるんじゃないかな。
きちんとやって欲しいものです。
これからも大切に保存しないとね。
Secret

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

malebox

NAVER

kenjidoor08sss.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。